【2022.11.20】刈谷初期日本語教室 「はなそう にほんご」スタート

「はなそう にほんご」教室は、日本語がほとんどわからない初期レベルの人が、日常生活の簡単な表現を理解して話すことができるようになること、あいさつや自己紹介ができるようになって地域の人と関係がつくれるようになることを目標にしています。

今回は11月20日、初日の教室の様子をご紹介します!

今期の日程は以下の通り
◆日 程:2022年11月20日~2023年2月5日(全10回)
               毎週日曜日 13:30~15:00
◆場 所:刈谷市国際プラザ 201会議室
※毎回違うテーマを取り上げます
※日本語を学びたい市内の外国人の方は日程の中からでも教室に参加できます(今期申込:2022年12月末まで受付

教室には、市内在住のフィリピン、ブラジル、ベトナムの人たちが参加しました。初日はオリエンテーションとトピック【自己紹介】。前半は自分の名前、国、住んでいるところ、後半は「好きなこと」を、絵やジェスチャー、キーワードを通して伝え合いました。日本語がほとんど理解できない中、懸命に理解し伝えようとする学習者のみなさんの姿が印象的でした。今回から初めて参加したパートナーも、伝え方や発話レベルを工夫することで、学習者に理解してもらい発話を引き出すよう努めました。

学習者とパートナー双方の「どうしたら伝わるか?」という試行錯誤のコミュニケーションで、学習者はこれから少しずつ日本語を理解していき、自分の使いたい日本語を覚えていきます。

教室活動がスムーズに進行するよう、教室には教室コーディネーターが指導者として全体に目を向けます。毎回の教室後には、パートナーとのふりかえりが行われ、そこで共有された「気づいたことや困ったこと」が、今後の教室運営に反映されます。全10回の教室で、学習者とパートナーとの対話がどう繰り広げられていくのかが楽しみです。