【参加者募集】刈谷初期日本語教室 日本語パートナー研修

刈谷市国際交流協会では、2020年度より、日本語がほとんど話せない市内の外国人住民の皆さんを対象とした、刈谷初期日本語教室「はなそう にほんご」を実施しています。この教室の目的は、学習者があいさつや自己紹介などの簡単な日本語表現が話せるようになって、自分が住む地域の中でコミュニケーションをとれるようになることです。
「はなそう にほんご」の中で、学習者と交流しながら日本語習得の支援をする日本語パートナーの活動について理解するための研修を開催します。いろんな国の人と知り合いになりたい人、地域に住む外国人のサポートをしたい人、ぜひご参加ください。

これまでに国際プラザで開催した「はなそう にほんご」の様子はこちら 
これまでにオンラインでおこなった「はなそう にほんご」の様子はこちら  

日時:2022年10月9日~30日の毎週日曜日(全4回)
    13:30~16:30

場所:刈谷市国際プラザ

対象:今後、「はなそう にほんご」で活動する意志がある18歳以上の方(高校生は不可)
   (研修終了後に、希望者にパートナー登録していただきます。)

定員:15人        費用:無料

【各回の内容】※原則、4回とも参加してください。

1日目(10/  9)...愛知県における地域日本語教育の支援体制について

2日目(10/16) ...対話型教室の意義 ー対話と協働による活動ー

3日目(10/23) ...刈谷市の外国人住民状況 ー外国人住民の声を聴くー
         刈谷初期日本語教室「はなそう にほんご」の概要

4日目(10/30) ...「はなそう にほんご」模擬教室体験と異言語体験

【講師】
あいち地域日本語教育推進センター総括コーディネーター  千葉月香氏
東海日本語ネットワーク副代表  米勢治子氏   ほか

【申込み】
10月2日(日)までに、お問合せフォームまたは直接来館の上、①日本語パートナー研修参加希望 ②名前 ③住所 ④年齢 ⑤連絡先(電話、メールアドレス)を明記の上、お申込みください。

なお、次回の「はなそう にほんご」は、11月20日~2023年2月5日までの毎週日曜日の13:30~15:00(年末年始を除く全10回)、国際プラザで開催する予定です。

※日本語パートナー研修の詳しい内容については、下のチラシをごらんください↓↓↓

2022パートナー研修 (1).jpg2022パートナー研修 (2).jpg